福岡にいる会社設立の専門家とは?

長く続く不況の打開策として、国が推進している「創業支援」や「雇用創出」。
その影響から、今社会では空前の「起業ブーム」が起きています。
長引く不況から労働環境が悪化し、その影響でストレスを抱えて心身に不調をきたす人が続出している中、それでも働き続けなければいけない…そんな悪循環が社会にまん延しています。
そのため、この近年でサラリーマンの自殺者や過労死の数は急増しているのです。

昔なら中高年世代が「リストラ」の対象だったのですが、今は年代を問わず能力が無いと見なされればその対象とされてしまう厳しい時代です。
自殺者や過労死も、昔のように中高年ではなく20〜30代の若年層で増加しており、このことは大きな社会問題となっています。
こうしたことから、社会全体で「ワークライフバランス」を見直さなくてはならないと言われているのです。
その打開策として国が今率先して提示している新しい働き方こそ「起業」や「会社設立」といった「一人一人が自ら仕事を生み出す」働き方です。
自分の力で会社を設立することが、ひとりひとりに新しい働き方の可能性を考えることになり、社会全体としても新たな「雇用創出」になります。

こうした「起業」や「会社設立」に対する動きがとても活発な地域が、九州の玄関口である「福岡」なのです。
もともと、古くから「商売人の街」である福岡では今、自治体を上げて「創業支援」を行っています。
公的な支援や助成金が充実している福岡であれば、新しい働き方を模索していくのにピッタリなのではないでしょうか。

しかし、だからと言って知識もないのに闇雲に「起業」や「会社設立」に挑んでいくのは危険です。
実際に会社設立を始める時には、ある程度「専門家」の力を借りるようにしましょう。
会社設立の専門家というのは、法的な知識がしっかりある専門家です。
ここで「法的な専門家」というと、多くの人が「弁護士」と思うでしょう。
もちろん、弁護士も専門的な相談には乗ってくれますが、手続きを依頼すると費用が多くかかってくる心配があります。

そこでぜひ活用していきたいのが、司法書士や行政書士などの法的書類を作成することができる専門家です。
司法書士や行政書士の多くが、会社設立の際に必要な手続きを代行することができます。
また、税理士なども会社設立後に重要となる「節税対策」の専門家ですから、ぜひ頼っていきたいところですね。
このような会社設立の専門家たちは、実際に会社設立代行サービスなどを熱心に行っています。
あなたもぜひ、福岡で会社設立をする時にはこうした専門家の力を頼っていってみてくださいね。