会社設立後に頼るべき専門家とは?

あなたは「起業」や「会社設立」について興味を持ったことがありますか?
国が後押ししている「創業支援」政策の影響もあり、社会全体で「起業ブーム」が起きている今、多くの人が自分のやりたいことを形にするための会社を設立しています。

会社を設立するためには、法的に難しい手続きや多額の費用がかかると思い、二の足を踏んでいる人もいます。
確かに、ある程度法的な知識を必要とする「定款」作成や認証、会社設立登記のような手続きは、今まで会社経営などに関わったことがない人にとってはとても難しく感じるものです。
しかし今は、とても便利な「会社設立代行サービス」などがあるため、面倒な申請手続きや書類作成について手間をかける必要はありません。
そうした社会資源を上手に活用すれば、自分一人だけでも会社設立ができるのです。

ですが…会社を設立する上で本当に大切なことは、設立するまでの手続きよりも会社を設立後にあります。
会社を設立したら、軌道に乗るまできちんと経営を安定させていかなくてはならないからです。
そのため、会社を設立するものの経営を安定させることができずに倒産させてしまう人も少なくありません。
実際に、自営業を始めてから3年以内で倒産してしまう会社は8割以上だと言われています。
あなたの始めた会社が、そうしたことにならないためには、どういった専門家に頼るべきなのでしょうか?

一番頼るべき専門家は、やはり税理士だと言われています。
税理士は税務や経営に関する専門家であり、節税対策についての助言をしてくれるだけでなく、会計状況を確認して経営を安定させるための助言も行ってくれるのです。
どうやって資金繰りをすれば良いのか、また融資を受けるならどういったところから受けると良いのか、またどのような税金を節税するのが良いのか…など。
経済的なことに関わる専門家として、的確なアドバイスをしてくれるはずです。
あなたもぜひ、会社設立後に専門家に頼るのであれば、税理士を頼ってみてはいかがでしょうか?