会社設立のおすすめ専門家

社会全体を見ても「起業」や「会社設立」に注目が集まっている今、誰もが一度は自分の会社を興すことに憧れますよね。
国も、そうした「創業支援」をどこよりも積極的に後押ししており、今までにはなかった「新しい働き方」に期待をしています。
起業や会社設立といった新しい働き方が増えていくことで、新しい雇用が創出されて経済も活性化していくでしょう。

あなたも、そんな新しい働き方である起業や会社設立に挑戦してみたいと思いませんか?
ですが、だからと言って闇雲に「新しい会社を設立する」と言っても、素人では難しい様々な法的手続きが必要です。
「自分の会社だから手続きも自分でやりたい」という人は多いのですが、難しい手続きに手間取るよりは法的な知識を持つ専門家を頼るのがオススメなのです。
そこでここでは、会社を設立する際におすすめの専門家ついてお伝えしていきます。

会社設立の際におすすめする専門家でまず一番に挙げられるのが、法的な知識を持つ専門家である「司法書士」です。
司法書士は専門的な法律の知識を持つ専門家であり、会社設立の際に必ず必要となる設立登記などの代理や、法務局などに提出する書類の作成提出などを代行することができます。
他にも、司法書士ほどの法的効力は持っていないものの、専門的な書類を作成してくれる「行政書士」も、会社設立の際に頼れる専門家のひとりです。
司法書士や行政書士は、定款や許認可申請の書類なども作成できるので、設立時にはぜひ頼りたい専門家だと言えます。

そして、もう一人会社設立の際にはぜひ頼っておきたい専門家が「税理士」です。
税理士は、税務関連の専門知識を持っており、節税対策や経営安定のための助言や手続きを行ってくれます。
ですから、会社設立時だけでなく会社設立後も頼りたい専門家だと言えるのです。

このような専門家たちは、あなたの会社設立をサポートしてくれるだけでなく、会社設立後の経営が安定するまでを支えてくれる大切な存在でもあります。
あなたもぜひ、こちらの情報を参考にしてそれぞれの専門家に会社設立についての助言を依頼してみてくださいね。